まるミエ就活ガイドブック その1

「僕に相談したら間違いない!」
〜お客様からの信頼を頂ける営業マンへ〜

宮木 好典さん

株式会社クラユニコーポレーション
宮木 好典さん

[部署]
四日市支店営業部
[出身]
神戸高校
近畿大学法学部卒

仕事内容

鈴鹿地区の様々な業種の事業所に訪問し、ユニフォームに関するニーズをヒアリングし商品を提案する仕事。

どうせなら好きなものを仕事にしたい

大学が関西だったので、新卒で関西のIT関連会社に入社し、営業をしていました。営業という仕事よりも扱っているものに興味がわかなくて、すぐに「違うなぁ」「道間違えたかなぁ 」と感じました。どうせ仕事をするのであれば、自分の興味があるものに関わりたいなぁと考えました。昔からファヅションには興味があったのですが、アパレルというと店舗での接客販売のイメージが強くて、就活時に視野に入っていなかったんです。

宮木 好典さん「どうせなら地域にも貢献できる仕事がいい」

どうせなら地域にも貢献できる仕事がいい

どうせ職を変えるなら、漠然と感じていた地元に帰って貢献したいという気持ちを実現できる会社が良いと思っていました。今の会社は、一般のアパレルではなく企業用ユニフォームを扱っていることに惹かれました。「社員のモラル向上につながる」ことや「エコ商品を扱っていること」など、ユニフォーム商品の提供を通じて地域の企業、ひいては地域経済に貢献できると思い、就職しました。

宮木 好典さん「手をかければかけるほど喜んでもらえる」

手をかければかけるほど喜んでもらえる

カタログを見せながら打ち合わせをしても、要望をちゃんとお聞きしてから提案できることにやりがいを感じていますし、他社と競合して勝ったときは嬉しいですよ。自分の提案を選んでもらえたんだってね。飛び込みで営業する時も、実際に働く現場を見て、制服の着こなしや仕事で必要な動きを確認し、こういう提案できるんじゃないか?と考えています。単に営業して商品を売るだけではなく、提案〜納品〜アフターフォローも大事です。手間をかけるのは大変ですが、手間をかけるほど、お客様が喜んでくれる可能性があがります。自分が納品したユニフォームを着ている姿を見ると、良かったなぁと思いますね。

自分の自信が大事

1年目の自分は知識がなく、お客様のところに通ってもその場で提案できずに持ち帰って再度提案にいくことほとんどで、自分も自信をなくし、お客様にも不安を与えていたように思います。2年目、3年目と経験を積むことで自信を持てるようになって、お客様の不安な顔を見ることがなくなってきましたね。仕事だからといって、仕事の話だけではなく、プライベートな話も交わしますよ。結局、人と人とのつながりで仕事が成り立っていますし、1回納品して終わりではなく、長く付き合っていくためにも人間関係はすごく大事ですね。

夢はあるのですが、まだまだ成長がたりません

最近感じるのは、お客様に手をかければかける程、喜んでもらえる可能性が上がることです。まだまだ100点ではないけれど、10点、20点、30点と着実に仕事ができていくのを感じています。自分はボーンと伸びるタイプでは無く、じわじわと伸びるタイプだと思いますから、負けない気持ち、何があっても乗り越える気持ちを持ち続けています。僕は営業に限らず人間的な力を磨いて、誰からも「彼に相談したら間違いない」と言われるような信頼される人間になることが夢なんです。

宮木 好典さん「夢はあるのですが、まだまだ成長がたりません」