インターンシップと就職活動 Q&A

インターンシップについて

インターンシップは参加した方がいいんですか?

インターンシップは、リアルな職場に触れることで、自分の中の企業や業界へのイメージを明確にできるいい機会です。
「入社後のイメージを具体的に持ちたい」「知らない業界をのぞいて選択肢を増やしたい」「そもそも、やりたいことを見つけたい」など、みなさんのいろいろな希望を満たしてくれると思いますよ。

インターンシップではどんなことをするんですか?

大きく分けて、「短期で企業見学や就業体験をする方法」と「数ヶ月にわたって企業でプロジェクトにとりくむ方法」があります。
後者のプロジェクト内容は、企業によって様々です。イベントの企画・運営、マーケティング調査、HPの改善提案、商品開発など…大きなやりがいと経験値を得られるでしょう。

インターンシップに参加するのはいつ頃がいいですか?

「早ければ早いほどいい」という人もいます。というのは、インターンシップは出会いの場であり、期間終了後もご縁がつながり、新しいチャレンジの機会をもらったり、就職活動の相談に乗ってもらったりということもあるからです。早く出会うほど、将来についてじっくりと考える時間もでき、別の企業でのインターンシップも視野に入れられます。

インターンシップのメリットを教えてください。

メリットは、社会を覗いてみて、自分のしたいことに出会えたり、新しい興味が湧いてきたりすることです。企業の方はもちろん、学生のインターンシップ仲間もできます。それから、大学生活との両立によって、時間の使い方がうまくなるという人もいます。

就職活動について

就職活動までにやっておくと良いことは?

会社を見る前に、自分自身を振り返ること。自分の中だけでなく、人にも話してみるといいでしょう。就職活動の時、話を聞いてくれる人はたくさんいます。「自分が今までどんなことをしてきたのか」「部活、趣味、アルバイト、受験など、決断の裏にはどんな理由があったか」。振り返りが将来を考えるヒントのひとつになるはずです。

企業説明会はどのくらい参加すべきですか?

たくさん参加できれば選択肢は広がるでしょう。けれど、大切なのは参加することより、そこでどんな話を聞いてくるかです。合同企業説明会で、ただパンフレットだけもらってきて、後から「どんな会社か全然思い出せない」では、意味がありません。せっかく話を聞ける機会です。どんどん質問をして、企業のことを知ることが大切です。

大企業と中小企業はどう違うんですか?

大企業では、特に最初の数年は、システムとしてキャリアのレールが敷かれていることもあります。最初の半年は研修、その後3年間はOJTで学び、それから責任あるポジションにつく、といったように。
一方で中小企業は、少人数の組織だと一年目からなんでも任せられることもあります。積極的に挑戦して自分でキャリアを切り開くこともできるかもしれません。
とはいえ、「大企業だから、中小企業だから」と一概に言うことはできません。規模ではなく、その会社に入った後のことを、前例などを踏まえながら個々にきちんと知ることを大切にしてください。

就職活動にかける時間は実際どのくらいですか?

就職サイトのオープンに合わせて「就職活動のスタート」ということがありますが、あくまでも情報解禁やエントリーが始まる日をこう呼んでいるだけのことです。就職活動は、自分の将来を考える時間。決められたスタートの日なんてありません。自分がどうなりたいのか、いつも頭のどこかで考えていることが大切ではないでしょうか。「今日から内定が決まるまで」と杓子定規に考えずに、納得がいく進路が見つかるまでがんばってくださいね。

三重U・Iインターンシップ推進協議会について