インターンシップQ&A

インターンシップQ&A

インターンシップとは?

学生が企業等において実習・研修的な就業体験をする制度のことであり、在学中に自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行うことです。(文部科学省「インターンシップの推進にあたっての基本的な考え方」より)

インターンシップにはどのような種類がありますか?

期間や体験内容により様々な分類方法があります。大きく分けて、1~2日間の見学型、1~2週間の体験型、1か月以上の課題解決型に分けられます。

インターンシップに参加するメリットは何ですか?

インターンシップに参加した方のアンケートによると、「仕事内容や業種について具体的に知ることができる」「企業や職場の雰囲気が理解できる」という回答が上位を占めています。より具体的な情報や経験を得られるのがメリットです。

インターンシップをしたいのですが、どのように申し込めばよいですか?

大学等のインターンシップ担当の先生や部署の方に相談してみてください。自分が希望するインターンシップ先がなければ、インターンシップを仲介している民間団体や、直接企業にお問い合わせください。また、おしごと広場みえでも相談を受け付けています。

三重県内にインターンシップを受け入れる企業はありますか?

三重県では、三重県経営者協会が受入先の企業一覧を公表していますので、参考にしてみてください。また、「みえの企業まるわかりNAVI」でも掲載企業のインターンシップ情報を公開しています。詳しくはこちらをご覧下さい。

インターンシップで企業への交通費や給与は支給されますか?

受け入れる企業や期間にもよりますが、インターンシップはアルバイトとは異なり、「就業体験そのもの」が目的なので、交通費や給与は支給されないことがほとんどです。

インターンシップは企業の採用選考に影響しますか?

基本的には、企業はインターンシップと選考を切り離して、学生に社会を知るための場を提供することを目的に行われています。単に参加するだけで、選考に有利になるということはないと考えています。

就職活動の前に、1dayインターンシップでも体験した方がいいでしょうか?

短期間でも企業理解や職場の雰囲気を体験するなど、インターンシップを行うメリットはあります。本来は5日間以上のインターンシップが望ましいですが、意欲さえあれば得られるものも大きいと思います。

インターンシップの経験を就職活動にどのように活かしたらよいでしょうか?

インターンシップを通じて、何を得たのかを整理してみてください。その上でこの企業や業界のどのような点が自分に合っているのかなどを深堀りして、自己分析や企業研究に役立ててください。

インターンシップ後、学校への報告は必要でしょうか?

大学等で単位認定を行うインターンシップであれば、学校への報告は必要です。自由応募のインターンシップに関しては、各学校の担当部署に確認してください。