U・Iターン就職Q&A

U・Iターン就職Q&A

Uターン就職、Iターン就職とは?

「Uターン就職」とは、生まれ育った場所と違う地域の大学へ進学や就職し、また地元へ戻って就職することです。「Iターン就職」は、地元の大学に進学や就職した後、地元以外の地域で就職をすることです。

三重県外で就職の相談ができる場所はありますか?

東京と大阪で就職相談の窓口を設けています。東京の有楽町にある「ええとこやんか三重移住相談センター」には就職アドバイザーを配置しており、就職に関する相談を行っています。また、大阪の梅田では月2回、三重県関西事務所で出張相談を行っています。どちらも事前にお電話でご予約ください。

三重県の就職に関する情報を知りたいのですが、いい方法はありませんか?

三重県が作成した、「みえの企業まるわかりNAVI」をご覧ください。県内企業200社の先輩社員の方や人事担当の方の本音の情報を掲載しています。ぜひ参考にしてください。詳しくはおしごと広場みえまでお問い合わせ下さい。

三重県の企業が東京や大阪などの大都市で会社説明会を開きますか?

会社説明会を大都市で開く会社は限られていますが、採用に積極的な企業であれば1次~2次面接程度までは都市部で開催していることもあります。企業のホームページをチェックするなどして、効率的に参加してみてください。

地元や地方で働くことのメリットは何ですか?

その地元や地方にもよりますが、生活費が都会よりも安いことや、Uターン就職ならば友達や知り合いが多いこと、実家から通えることなどが挙げられます。

大都市で就職するか三重にUターンするか迷っています。大都市と地元の就職活動を両立させることは可能ですか?

大都市と三重県での就職活動を同時に進めることは可能です。ただし、できるだけ早めにどちらかに絞るほうが活動しやすいと思います。両立させる際は、費用やスケジュール面でやりくりをしっかりすることがポイントです。

Uターン就職はいつ頃から活動したら良いですか。地元に帰って就職イベントなどに何回か出たほうが良いですか?

Uターンに限らず、活動を始める時期は早いに越したことはありません。地元企業の合同企業説明会は、その地方で行われることが多く、最新の情報を多く入手するという点では、地元開催のものに参加するほうが良いでしょう。

地元や地方で働く心構えやリスクはありますか?

公共交通機関が少ないので、運転免許がないと移動に苦労します。また、地方ならではの人づきあいや独自のルールなどもあり、慣れていない方は戸惑うかもしれません。