みえの企業まるわかりNAVI

業種情報・通信業
中南勢エリア津市

株式会社ZTV

三重県のケーブルテレビ加入世帯数は75%(2016年3月現在)と、全国でも上位クラスの普及率です。そうした中、津市で誕生したZTVは、県内では伊勢志摩や東紀州までカバーし、和歌山や滋賀にも放送局を開設するなど、広範なエリアに事業を展開しています。事業の柱は、現在、一般のお客様向けのケーブルテレビとインターネット、固定電話サービスの3本が中心となっていますが、近年、法人・官公庁向けの光回線提供や、安定した環境でサーバーを預かるデータセンターの提供にも力を入れています。先進的な経営で三重の情報通信サービスを先頭に立ってリードしており、地元密着型の情報通信企業として、地域の優秀な技術系人材も多数活躍しています。

2018年11月1日現在



通信技術部 工事管理課
森 友洋(平成28年度入社)

Q. 就職を決めた理由

大学の工学部で電子情報工学を学んでいました。情報機器や機械メーカーも就職先として考えていましたが、放送業界で働くことにも興味があり、技術的な業務に就いて自分の力を発揮できればと思い、この会社を志望しました。

Q. 仕事のやりがい

機器の不具合などに関するお客様からの技術的なお問い合わせを受けて、症状や原因を把握し、解決方法をご案内するなどの対応をしています。問い合わせの内容は多岐にわたるので、様々な分野に関する情報や技術に触れることになり、刺激を受ける機会が多いです。新しく身につけた知識で対応できたときには充実感を覚えます。

Q. これからの目標

お客様から不具合の内容を正確に聞き出せるスキルを高められるように、知識や経験を積み重ね、自信を持って対応できるようになりたいと思っています。将来的には光サービスなど新しい事業展開を推進する役割を担えるようになりたいです。


総務部 課長代理
坂口 智彦

Q. 自社の強みは何ですか(経営理念や社風)

県内広域をカバーするとともに和歌山、滋賀にもサービスエリアを広げており、スケールメリットを活かした経営が行えるという強みがあります。社内の職種としては、通信技術系の仕事や広告営業を含めた番組制作、各種サービスの営業、管理系など多岐にわたっていますので、自分に合ったフィールドで活躍することができます。

Q. 求める人物像は

若い社員にも積極的に責任ある仕事を任せていこうという企業風土があるので、どの部署に入ってもやりがいを感じて仕事ができます。放送・通信業界は変化の速い業界ですので、そういった変化に敏感にアンテナを立てて、新しいことに積極的に取り組むチャレンジ精神旺盛な方に来てほしいと思っています。

Q. これからの事業目標は

ケーブルテレビやインターネットなど既存サービスの強化に努めるとともに、無線サービスを中心とした新規の通信サービスを積極的に展開していきます。女性社員の採用増にも取り組んでおり、今後、女性管理職を増やしていきたいと考えています。

インターンシップ情報


対象者:大学生、高専生

期 間:7月〜9月

内 容:通信技術系部署での業務

会社基本情報

本社所在地:〒514-8557 三重県津市あのつ台四丁目7番地1
事業内容:一般放送事業
電気通信事業
設立:1990年10月1日
資本金:10億7,040万円
従業員数:354名 (男性180名、女性174名、うち正規社員250名)
売上高:158億1,794万円
平均年齢:40.1歳
平均勤続年数:12.4年
休日/休暇制度:年間休日数:121日
月間時間外労働時間(平均):11.6時間
有給休暇年間取得日数(平均):10.2日
アクセス:近鉄名古屋線津駅 より、三重交通バス『サイエンスシティ』行き乗車
あのつピア前バス停より、徒歩3分
採用窓口 TEL:059-236-5111
採用実績:近畿大学 、同志社大学 、立命館大学 、 龍谷大学、三重大学、皇學館大学、鈴鹿医療科学大学 、鈴鹿大学、四日市大学 他
URL:http://www.ztv.co.jp/
受賞歴等:
三重県男女がいきいきと働いている企業表彰制度(平成27年度)
三重県働き方改革推進企業表彰制度(平成29年度)

ワーク・ライフ・バランスの推進に積極的に取り組んでいます

20時〜7時までの時間外労働を原則禁止にしたり、毎週水曜日はノー残業デーに指定するなど、時間外労働の削減に取り組んでいます。社員個々のプライベートの時間を充実させることで、仕事の効率化にもつながるという効果が現れています。育児と仕事の両立支援にも力を入れており、育児休業は保育園の都合によっては期間延長に対応。短時間勤務も子どもが小学校3年生修了時まで活用できるよう制度を整えています。こうした取り組みが評価され、平成27年度「三重県男女がいきいきと働いている企業表彰」を受けました。

ケーブルスマホ、高速無線インターネットなど「無線サービス」を強化

従来の有線サービスに加えて、今後は無線サービスの展開が事業の新たな柱となっていきます。2015年から低価格のケーブルスマホサービスをスタート。2016年には地域BWAの無線局免許を取得し、提供エリア内の指定避難所における無線環境を提供。さらに、高速無線インターネットサービス「Z-LAN Air」の提供もスタートしました。今後、無線サービスの強化で競合他社との競争力強化をはかっていきます。

アンケート

あなたの属性を教えてください。
このサイトをどこで知りましたか。
このサイトを訪問した目的を教えてください。
All Rights Reserved, Copyright ©Mie Prefecture