みえの企業まるわかりNAVI

業種製造業(食料品・医薬品以外)
中南勢エリア多気町

精電舎株式会社

当社は1986年に設立された会社で、リレー(継電器)の組立製造を中心に、関係する金属部品(バネ端子)、成形部品(ボディ・ケース・カード)等の単品部品や金属・成形の同時成形を行う複合精密加工も行っています。本社工場は多気町にあり、松阪工場では部品加工を主に事業を展開しています。「お客様が丸投げできる会社づくり」を合言葉に、自ら考え動き、変えていく、安心して発注していただける会社をめざし、従業員一同取り組んでいます。
2018年1月からワイヤーカット放電加工機とNC研磨機を新たに導入し、高品質な金型パーツや設備パーツの製作にも挑戦しています。社内教育や技能検定取得等、能力開発向上にも力を入れ、これからの若手育成にも取り組み、より魅力ある会社にしていきたいと考えています。

2018年11月20日現在



製造2課金属グループ
中村 竜祥(2014年度入社)

Q. 就職を決めた理由

学生時代は電気科に通い、将来は地元でその経験を活かしたものづくりの仕事をしたいと考えていました。学校で求人票を見た時に制御機械器具オペレーターという職種に非常に興味を持ち、自分の技術が役に立つのではないかと思い、弊社に就職を強く希望しました。

Q. 仕事のやりがい

初めて仕事に携わった時は、自分の作ったものが大手企業のお客様の製品の一部となり、社会に貢献していることに感動しました。1000分の1ミリの精度を必要とする非常にレベルの高い品質が求められるのでプレッシャーもありますが、月産何百万個もの製品が自分の手からお客様に渡る時にやりがいを感じ、日々仕事に取り組んでいます。

Q. これからの目標

先輩社員にマンツーマンで指導をしていただき、設備トラブルの対応も含め今では一通り作業ができるようになってきましたが、まだ完璧ではありません。さらに上をめざすため資格取得にもチャレンジし、技術の向上に努めていきたいです。自分しかできない金属加工分野も、もっと任せてもらえるようになりたいです。


工場長
辻 正彦

Q. 自社の強みは何ですか(経営理念や社風)

大手機器メーカー様の商品を担当し、そのものづくりのノウハウを受け継いだ高い加工技能で製品づくりを行っています。また自動化設備を製作するグループ企業があり、担当商品の合理化活動で連携して自動化構想〜実現まで自社内で行うことができるのが強みです。

Q. 求める人物像は

100点を目標に考え続けて結局何も動かない人より、最初は50点でも良いから「まず動く」という姿勢が必要ですね。「結果は後からついてくる」と思えるくらいチャレンジ精神の強い人、真面目でコツコツとやりきっていこうとする人が弊社を支えてくれると思っています。

Q. これからの事業目標は

効率化した部品組立や、精度の高い部品加工をめざしながら、その部品の金型までも得意とする会社になることが大きな目標です。また5S活動を意識することにより本来日本人が持っている感度を上げ、品質に活かし、皆と一緒により高みをめざしていきたいです。

インターンシップ情報


現在は受入していません

会社基本情報

本社所在地:〒519-2164 三重県多気郡多気町森荘571-1
事業内容:制御機器部品製造
設立:1986年8月16日
資本金:1,000万円
従業員数:115名 (男性81名、女性34名、うち正規社員93名)
売上高:24.7億円
平均年齢:43.4歳
平均勤続年数:14.3年
休日/休暇制度:年間休日数:120日
月間時間外労働時間(平均):23.5時間
有給休暇年間取得日数(平均):8.6日
アクセス:JR紀勢本線多気駅より、車で約10分
採用窓口 TEL:0598-37-2121
採用実績:松阪商業高校、伊勢工業高校、明野高校、飯南高校、南伊勢高校 他
URL:http://www.seidensha-kk.co.jp
受賞歴等:

金属部品加工・成形部品加工〜完成品の組立てまで!

OA・通信・情報関連・防災や車載機器などに対応したシグナルリレーや、電力配電システムや空調機・AV機器や複写機・自動販売機といった業務用機器などに組み込まれるパワーリレーなどを製造しています。長年の知識と経験を活かした、安心で安全な一貫生産体制をとっています。

これからを見据えた製造機器を導入

2018年より新たに放電加工器を導入し、お客様のニーズにあった製品を金型から手掛けることが可能になりました。また弊社内は常に清掃を徹底することで、小さな「気付き」ができる環境を心掛けています。見学に来られた時には、ぜひ工場内の床もご覧ください。

アンケート

あなたの属性を教えてください。
このサイトをどこで知りましたか。
このサイトを訪問した目的を教えてください。
All Rights Reserved, Copyright ©Mie Prefecture