みえの企業まるわかりNAVI

業種製造業(食料品・医薬品以外)
伊勢志摩エリア伊勢市

株式会社N.P.W技研(ネピューギケン)

当社は食品から塗料、工業材料まで社会に欠かせない容器である「缶」を製造するための製缶機械を作る企業です。製缶用溶接機を製造できる国内唯一のメーカーとして、長年お客様に支えられてまいりました。
缶の材料は鉄です。鉄を材料とした缶は丈夫で光を通さないため、長期の保存に優れています。また、鉄はリサイクル率が高く、プラスチックごみ削減の流れの中、極めて地球に優しい金属です。さらに鉄は今も産業の中心であり、今後も需要が増加するものと期待されています。これからも鉄が無くならない限り、当社の仕事が途切れることはありません。
風通しの良い社風を心がけており、仕事中も上司が声をかけて一人ひとりに気を配るなど、コミュニケーションを大切にしています。
社員は制服としてポロシャツを着て仕事をしています。色は13色あり、どの色を選ぶかは個人の自由なので、結果として職場がとてもカラフルになりました。

2020年9月2日現在



製造部
福地 太史
(2016年度入社)

Q. 就職を決めた理由

転職先を探していた時に電柱の広告で弊社を見つけて、ホームページを見たのがきっかけです。多様な機械の製造をしていることを知って興味を持ちました。面接で訪問した際に気さくに話をしてもらえたことが印象に残っています。自然豊かな池のほとりは静かで仕事に集中できる最高の職場環境であることが気に入って就職を決めました。

Q. 仕事のやりがい

弊社の作る機械はすべてオーダーメイドのため、設計・組立・調整と常に新しいことができるのがこの仕事の魅力です。製造している間にも改善点を見つけては提案していますので、機械ができ上がってくるのと同時に自分も成長していると感じられます。完成した装置の据え付けに納品先に伺うことがありますが、スムーズに稼働してくれるのを見ると嬉しいですね。

Q. これからの目標

製缶機械という缶作りに特化した専門知識が必要なので、製品である缶を好きになり、「こうしたらスムーズにできるよ」という缶の気持ちが分かるようになりたいです。また新しい部品や電子機器など次々と変化する技術を吸収するとともに、新しいことへ常に挑戦し続けられる自分になれたらと思います。
経験を積んでトラブルにも冷静に対処できる先輩方のようになりたいです。


代表取締役 副社長
山本 亮太

Q. 自社の強みは何ですか(経営理念や社風)

日本で唯一の製缶用溶接機のメーカーであり、「無くなっては困る」とお客様から重宝していただける会社であることです。溶接機のみでなく製造ラインのノウハウもありますので、製缶に関わるさまざまな機械やメンテナンスのご相談も承っています。お客様と一緒に考え、いつでも新しいことにチャレンジできるやりがいのある仕事です。

Q. 求める人物像は

機械の製造は経験がものをいう仕事です。話は下手でもかまわないので、人と接することを苦にせず、相手から教えてもらう姿勢がある人が望ましいです。弊社のモットーは「最初の5年間は赤字社員でも問題なし」です。若いうちはたくさん失敗をして経験を積んで、その経験を昇華して会社に貢献できる人物になってほしいと思っています。

Q. これからの事業目標は

弊社の事業目標は、溶接以外の分野においても製缶業界で国内ナンバーワンの機械メーカーになることです。機械のラインナップ強化のために技術職(設計と電気技術、組立)の増員を、販売力強化のために営業職の増員を計画しています。また海外市場に弊社のオリジナル機械を「Made in Japan」としてより拡販したいという夢があります。

インターンシップ情報


対象:大学生、専門学校生
期間:1週間程度
体験内容:会社説明、組立現場体験

会社基本情報

本社所在地:〒516-1102 三重県伊勢市佐八町894番地
事業内容:製缶機械、産業機械用各種自動機の設計、製作、販売
設立:1982年
資本金:4,400万円
従業員数:26名 (男性23名、女性3名、うち正規社員22名)(2020年8月12日現在)
売上高:7億3,400万円(2019年度)
平均年齢:47.3歳
平均勤続年数:17.9年
休日/休暇制度:年間休日数:110日
月間時間外労働時間(平均):30時間
有給休暇年間取得日数(平均):10.2日
アクセス:近鉄宇治山田駅より、車で15分
採用窓口 TEL:0596-39-1133
採用実績:三重大学、名城大学、大阪産業大学、京都産業大学、日本大学、帝京大学、帝京科学大学、職業能力開発総合大学、 鳥羽商船高等専門学校、宇治山田商業高校、南伊勢高校 他
URL:http://www.npw-jp.com
受賞歴等:
経済産業省「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社」(2006年度)

鉄の仕事は100年の仕事

当社の前身は製缶会社として、地元伊勢志摩でとれる海産物の缶を100年以上の長きにわたり作ってきました。現在は製缶機械を作る会社となり、当社の機械は、写真のような多様な缶を作ることができます。資源が豊富で、かつリサイクル率の高い鉄から缶を作るという歴史ある仕事に最新の技術を融合させて、これからも日本を支える中小企業として、次の100年に向けて挑戦を続けてまいります。

伊勢から全国、そして世界へ!

当社の経営理念は「良い機械を作って世界に貢献する」です。「伊勢から全国、そして世界へ!」ニッチ業界のトップメーカーとして活躍しています。国内では北海道から沖縄まで、さらに将来の有望市場である海外にも営業活動を展開しています。写真は中国広東省広州市の展示会ですが、すでに東アジア・東南アジアでは実績を上げています。その他欧米ではドイツで開催される製缶機械展にも毎回参加、Made in Japanを世界に発信しています。

アンケート

あなたの属性を教えてください。
このサイトをどこで知りましたか。
このサイトを訪問した目的を教えてください。
All Rights Reserved, Copyright ©Mie Prefecture