みえの企業まるわかりNAVI

業種卸売・小売業
中南勢エリア津市

三重リコピー株式会社

2014年11月に本社を津市あのつ台に移転。1階にエントランスホール、2階に一面ガラス張りの窓を配した印象的な外観の新社屋は、ワンフロアのオフィスやミーティングエリアなどの新しいビジネス空間づくりが評価され、2015年の「日経ニューオフィス賞」を受賞しました。この最先端の空間を舞台に、事務機器からシステム構築、業務ソフト、IT関連商品、事務用品まで、オフィスにとって必要なあらゆる製品を取り扱い、「お客様へのお役立ち」をポリシーとして、さまざまな企業のオフィス活動をトータルにサポートしています。独立したオフィス機器のディーラーとして、リコー製品はもちろん、さまざまなメーカーの商品を扱っているので、お客様の課題に対応した最適なソリューションを提供できるのも強みです。

2018年11月9日現在



営業部
大河内 良太(平成23年入社)

Q. 就職を決めた理由

法人営業という仕事に興味を抱いていた中で、事務機器は多種多様な業種と取引することになりますので、さまざまな業界と接することができる仕事だということが決め手になりました。年間休日が120日以上あり、自分の時間をしっかり取れることも魅力です。

Q. 仕事のやりがい

中小企業を中心に担当しており、お客様と色々な話をしている中でヒントを掴み、課題解決のための提案をさせていただきます。提案が通って製品を導入していただくのも嬉しいのですが、導入してしばらく経った後に、お客様から「成果が上がって良かった」という言葉をいただいたときが何よりの喜びになります。

Q. これからの目標

現在の中小企業中心の業務で実績を重ねながら、大手の企業にもソリューションを提案できるようスキルを上げていきたいです。将来的には管理部門など社内の他の部署も経験して、キャリアアップをはかっていければと思っています。


管理部サポートマネージャー
川辺 浩司

Q. 自社の強みは何ですか(経営理念や社風)

システムの構築やサービス、メンテナンスも自社の人間で担っており、お客様の課題に自社だけでトータルに対応することができます。お客様の側としても、オフィスの種々雑多な困り事をすべて当社の営業担当者に相談することができるので、自ずと信頼関係も深まります。

Q. 求める人物像は

お客様に成果を提供する仕事ですので、相手の立場に立って“聴く”ことができるという能力が必須となります。学生生活やアルバイトなどを通してどのような人間関係を培ってくることができたか、そうした部分から見えてくる“人柄”にも注目して面接を行っています。

Q. これからの事業目標は

全社員がCS向上への高い意識を持ち、三重県下で「CS No.1」の企業を目指しています。満足度の高いサービスを提供するほどに、お客様の満足度のハードルはさらに上がっていきますが、常に最大限の満足を提供することで、「お客様満足」を超えた「お客様感動」を提供したいと考えています。

インターンシップ情報


対象:大学生、短大生、専門学校生

期間:1DAY

内容:業界説明・営業同行

会社基本情報

本社所在地:〒514-0131 三重県津市あのつ台4丁目6-3
事業内容:事務機器、IT機器の販売及びメンテナンス
設立:1970年9月
資本金:2,400万円
従業員数:84名 (男性72名、女性12名、うち正規職員80名)
売上高:33億4千万円(2017年9月期)
平均年齢:40.2歳
平均勤続年数:15.4年
休日/休暇制度:年間休日数:125日
月間時間外労働時間(平均): 10時間
有給休暇年間取得日数(平均): 14日
アクセス:三重交通バス「あのつ台四丁目」下車すぐ
採用窓口 TEL:059-273-5775
採用実績:三重大学、名古屋学院大学、近畿大学、関西学院大学、四日市大学、皇學館大学、愛知県立大学、愛知大学、中京大学、名城大学、愛知学院大学、愛知工業大学、中部大学、金沢工業大学、福井工業大学 他
URL:http://www.miericopy.co.jp/
受賞歴等:
第34回三重県建築賞(入選)
第28回日経ニューオフィス賞(中部ニューオフィス奨励賞)

日経ニューオフィス賞受賞。ワンフロア空間の「ライブオフィス」

新社屋の2階にある、営業部、システム部、サービス部の部門間の境界をなくしたワンフロアのオフィスです。各部門の社員が一体となってお客様の課題解決に取り組むための体制を整えました。各自、書類などを収納するロッカーを設置し、オフィスを離れるときには自分の机の上にパソコン以外何も置いていない状態となるように保っています。新社屋は全体が“まるごとショールーム”となっており、社員と建物以外はすべてお客様に提案できる商品ラインアップで構成されています。

お客様との商談や社員同士の交流の場にもなる「オープンスペース」

2階窓際の開放的な空間「オープンスペース」には大小のテーブルが並び、商談の場として利用するだけでなく、部署や年齢に関わりなく社員同士が自由にコミュニケーションを取ることができる場となっています。昼休みにはランチを取る姿も見られます。上下関係にとらわれず、自由な空気が流れる社内の雰囲気を象徴する空間にもなっています。

アンケート

あなたの属性を教えてください。
このサイトをどこで知りましたか。
このサイトを訪問した目的を教えてください。
All Rights Reserved, Copyright ©Mie Prefecture