みえの企業まるわかりNAVI

業種飲食・宿泊業
北勢エリア四日市市

株式会社グリーンズ

三重県内を中心に、レストランや宴会部門を備えた「複合型ホテル」と、宿泊に特化した「ビジネスホテル」を展開しています。60年間ホテル一筋に歩んできており、楽天トラベルの三重県内ホテル予約では25%を占めるなど、県内でトップシェアを誇るホテルチェーンです。津駅前の「ホテルグリーンパーク津」や「四日市シティホテル」、「松阪シティホテル」など近鉄沿線の主要駅の“駅近”で当ホテルを目にする機会も多いことと思います。
社員の平均年齢は35.6歳。入社数年で現場の責任者である「店長」を務めるケースも多く、若い社員が活躍している職場です。ワーク・ライフ・バランスを充実させるために、年に2回、7連休が取れる「長期連続休暇制度」を導入しており、海外旅行などの趣味を充実させる社員も多く見られます。



ホテルグリーンパーク津
山川 尚紀(平成27年度入社)

Q. 就職を決めた理由

大学時代に接客のアルバイトをしていて、お客様をもてなす仕事の楽しさを感じました。接客の中でも一番上質なサービスを提供するホテル業界で仕事をすることで、自分を高めることもできると思い、ホテル業界を就職先に選びました。何社か面接を受ける中で、自分の思いを最も受け止めてくれたのがこの会社でした。

Q. 仕事のやりがい

フロント業務に就いて、日々お客様のさまざまな要望に対応しています。地元のオススメのお店を聞かれることもあるので、日頃から自分の足で情報を集めるようにしています。自分の接客サービスによってお客様が満足感を得られ、「また次も来るわね」というお言葉をいただけたときには、仕事の喜びを感じますね。

Q. これからの目標

現在、全社的にお客様の満足度向上を目指し「S+(エスプラス)運動」に取り組んでおり、お客様に満足以上の“感動”を与えられるような接客を目指しています。お客様のニーズを先読みして動けるように自分のスキルを磨くとともに、主任、店長とキャリアアップしていく中で、ホテル全体のCS達成度アップにも貢献していきたいです。


人事部 人材開発課
前田 三佳子

Q. 自社の強みは何ですか(経営理念や社風)

ホテルマンという職業柄、相手の表情を読み取って的確にコミュニケーションを取ることができ、「相手を喜ばせるのが好き」というホスピタリティに富んだ社員が揃っています。入社間もない社員に対しても、お客様への対応と同じように、困っていることなどがあれば自然に声をかけ、不安を取り除いてくれます。

Q. 求める人物像は

ビジネスホテルの場合だと接客もシンプルなイメージがありますが、そのイメージを超えて、ワンランク上のおもてなしを実現したいと考えています。相手に伝える力だけでなく、相手の気持ちを汲み取り、意思を受け止めるのが上手な人、さまざまな局面に柔軟に対応できる人の力を必要としています。

Q. これからの事業目標は

三重県内を中心に東海、北陸エリアで展開しているグリーンズホテルに加えて、世界第2位のホテルチェーンと提携してビジネスホテルを全国に展開しています。両者合わせて現在89軒のホテルを平成31年までに95軒に増やす予定です。また、サービスエリア併設タイプや天然温泉付きなど、新しい形態にもチャレンジしています。

インターンシップ情報


対象:大学生

期間:1日間、2日間の 2コース

内容:1日間コース/業界研究、フロント仕事体験
   2日間コース/新店開業、トレーニング、ブランド戦略など

会社基本情報

本社所在地:〒510-0067 三重県四日市市浜田町5-3
事業内容:ホテル・旅館の経営、その他附帯する業務
設立:1964年1月8日
資本金:17億8,166万円
従業員数:2,087名 (男性377名、女性251名、うち正規職員628名)※男女比は正規職員数の内訳
売上高:260億円
平均年齢:36歳
平均勤続年数:6.7年
休日/休暇制度:年間休日数:107日
月間時間外労働時間(平均):14.8時間
有給休暇年間取得日数(平均):6.7日
アクセス:近鉄名古屋線四日市駅より、徒歩3分
採用窓口 TEL:059-351-3416
採用実績:愛知学院大学、関西大学、同志社大学、近畿大学、皇學館大学、関西外国語大学、京都外国語大学、愛知大学、愛知淑徳大学、中京大学 他
URL:https://www.kk-greens.jp
受賞歴等:

入社初年度には4回の集中研修を実施。ホテルマンのスキルを磨きます

現在、各部門ともにいっそうの若返りをはかっており、若手社員は現場スタッフとして経験を積みながら、早ければ、入社2年目〜3年目には宿泊、料飲、宴会など現場の各部門の責任者である「店長」の職を任されることもあります。スキルを磨くために、入社1年目には年間4度の集中研修を行い、各地から同期の社員が一堂に会して課題解決能力やビジネスマナーなどを学びます。2年目にも再度、ビジネススキルの集中研修を行い、3年目に行う予定の店長職スキルを磨く研修へと繋げ、“店長デビュー”を飾る準備を進めていきます。

“地域色”を前面に打ち出すことで他のホテルとの差別化を目指します

近鉄沿線主要駅の駅前に出店し、立地の優位性はすでに確保していますが、地域密着型ホテルの強みを活かして、三重ならではの魅力をさらに前面に打ち出しています。三重の魅力といえば、何といっても多彩な食材。朝食メニューに「三重県産真鯛の朝茶漬け」や「松阪牛スジ肉入りの朝カレー」を用意し、三重の魅力を味わっていただいています。ホテルマンはお客様から地元のオススメ情報などを尋ねられることも多い仕事。平成29年度からは原則、初任店舗については、三重県内の店舗を予定しています。

アンケート

あなたの属性を教えてください。
このサイトをどこで知りましたか。
このサイトを訪問した目的を教えてください。
All Rights Reserved, Copyright ©Mie Prefecture