みえの企業まるわかりNAVI

業種各種サービス業
北勢エリア鈴鹿市

株式会社モビリティランド(鈴鹿サーキット・ツインリンクもてぎ)

Honda100%出資のモビリティランドは、鈴鹿サーキット(三重県)とツインリンクもてぎ(栃木県)を運営しています。両事業所は国際レーシングコースを保有しており、F1やMotoGPをはじめとするモータースポーツ事業が企業の主軸となっています。また体験型遊園地のアミューズメント事業、ホテルやレストランを運営するリゾート事業、安全運転講習会を展開する交通教育事業が連携し、1日中家族で楽しめる「モビリティテーマパーク」を目指しています。

2019年1月5日現在



モータースポーツ課 関 耕平
(平成26年度入社)

Q. 就職を決めた理由

以前からモータースポーツが好きで、またサービス業にも興味があったため、入社を決めました。現在は鈴鹿サーキットの国際レーシングコースや国際南コースで、二輪やレーシングカート事務局の運営を行っています。

Q. 仕事のやりがい

仕事を始めてから、直接お客様と関わることが好きなんだと気付きました。大好きなモータースポーツに関われるのも幸せですし、お客様に「バイクに乗るのが楽しい」と言っていただけるととてもやりがいを感じます。

Q. これからの目標

若い方にもっとサーキットへ足を運んでいただけるようなイベントをコンスタントに開催したいです。また、海外で通用するライダーやドライバーがこの鈴鹿サーキットで育つよう、モータースポーツの発展に寄与したいです。


総務部 人事・労政課
森田 裕子

Q. 自社の強みは何ですか(経営理念や社風)

モータースポーツ部門、アミューズメント部門、リゾート部門、交通教育部門と幅広い事業を手がけています。社歴問わず「やってみたい!」と手をあげた人がチャンスをつかむことができる社風で皆のびのびと働いています。

Q. 求める人物像は

当社はトップダウンでなく、チャレンジできる社風を持っています。「どうすればお客様を笑顔に出来るか」を考え、発信し、周りも巻き込んでいける人、新しいことにチャレンジしていける人に力を発揮していただける職場です。

Q. これからの事業目標は

モータースポーツを普及させる効果的な事業モデルとして、当社の事業活動を海外へ発信していきたいと考えています。また、海外のお客様が目的地として当社の施設を目指して来日いただけるようPRしていきたいです。

インターンシップ情報


対象:大学生、大学院生

期間:9月、12月

内容:アミューズメント事業の裏側を知れる2Daysインターンシップです。詳細はマイナビをご確認ください。

会社基本情報

本社所在地:〒510-0295 三重県鈴鹿市稲生町7992
事業内容:サービス業(レーシングコースの運営・管理、アミューズメント施設(遊園地)の営業・運営・管理、ホテル・研修会場・温泉施設の営業・運営・管理、交通安全教育施設の運営・管理および安全運転の普及活動、レストラン・売店等の営業・運営・管理)
設立:1961年2月1日
資本金:55億円
従業員数:829名(男性491名、女性338名、うち正規職員453名)
売上高:251億円
平均年齢:41歳
平均勤続年数:19年
休日/休暇制度:年間休日数:115日
月間時間外労働時間(平均):15時間
有給休暇年間取得日数(平均):13日
アクセス:近鉄名古屋線白子駅より三重交通鈴鹿サーキット行きバス利用約20分
採用窓口 TEL:本社 総務部 人事・労政課 TEL 059-378-8070
採用実績:三重大学、愛知大学、愛知学院大学、中京大学、名城大学、名古屋芸術大学 他
URL:http://www.mobilityland.co.jp
受賞歴等:
男女がいきいきと働いている企業 平成21年度グッドプラクティス賞

ホンダフィロソフィーを引き継ぎ、 「喜び・楽しさ・感動」を提供

Hondaの創業者である本田宗一郎の「レースをやらなくてはクルマは良くならない」という想いと、右腕としてHondaの発展を支えた藤澤武夫の「自ら操縦する楽しみを味わえる自動車遊園地をつくる」という夢を連綿と引き継いでいます。大切にしているのは、ここでしか体験できない感動を生み出すこと。そのため、自社開発にこだわりオリジナリティ溢れるのりものやアクティビティの提供を行っています。

グローバルな事業展開にも注目

これまで当社が培ってきた運営のノウハウを活かし、より多くのお客様に「喜び」「楽しさ」「感動」を提供するためグローバル展開を強化していきます。その第一歩として、2016年5月に台湾高雄市に「SUZUKA CIRCUIT PARK」がオープン致しました。「チャレンジして成長」というコンセプトを持つ当社オリジナルの乗り物が、ショッピングモールの隣に併設された「SUZUKA CIRCUIT PARK」に導入されており、海外の地で当社の魅力を体感いただけます。

アンケート

あなたの属性を教えてください。
このサイトをどこで知りましたか。
このサイトを訪問した目的を教えてください。
All Rights Reserved, Copyright ©Mie Prefecture