みえの企業まるわかりNAVI

業種医療・福祉業
北勢エリア桑名市

株式会社 SHIN EI

ある就職志望の学生さんが、弊社のグループホームへ見学に訪れた際、利用者さんとスタッフが手を繋いで歩いていたそうです。ゆっくりと歩調を合わせ、身体をかがめながら小柄な利用者さんと目線を合わせて歩くスタッフ。利用者さんに寄り添う姿に温かみを感じて、就職を決めたといいます。平成16年に「なでしこの家」を開設して以来、グループホームや小規模多機能型居宅介護「ブーケ」などの介護施設を新たに開設し、事業の幅を広げてきました。スタッフ同士、自由に意見を話し合い、仕事の悩みの相談も気軽にできる環境が、一人ひとりのスタッフの頑張りを支えています。手を繋いで歩くスタッフの姿を見て就職を決めた学生は、現在入社7年目になり、「ブーケ」の管理責任者を務めています。介護の仕事を志している皆さん、温かみのある職場で私たちと一緒に成長しませんか。

2018年11月7日現在



グループホーム「なでしこの家」
西村 早恵(平成29年度入社)

Q. 就職を決めた理由

大学時代の実習で、様々な介護施設を訪れる機会があり、施設ごとの特徴は理解していましたが、いざ就職となると、どの施設に決めれば良いのか悩んでいました。そんなときにグループホーム「なでしこの家」で、入居されている方を、利用者さんではなく「家人さん」と呼び、スタッフはその方とご家族を陰から支える存在だというお話を伺い、人と人との関係を非常に大切にしている施設だと感じました。

Q. 仕事のやりがい

福祉系の大学で学んでいたときは、利用者さんに「ありがとう」と感謝されることが、この仕事のやりがいだというイメージを持っていました。ですが、実際に仕事に就いてみると「ありがとう」の一言で逆に自分が元気をもらっていることに気付きました。仕事をしていくなかで、反省すべき点があるときも、利用者さんとの関わりのなかで励まされ、モチベーションが上がります。

Q. これからの目標

家人さん(利用者さん)のご家族の方とも、もっと信頼関係を築いていきたいと思っています。昔、家人さんがどのようなことがお好きだったのかなどをお聞きし、ご本人様との関わりの幅を広げていきたいです。また、施設に入居したからといって社会との関わりや日常生活が制限されることなく、少しでも多くの生きがいを見い出せるような関わり方ができるようになっていきたいです。


マネージャー
水谷 香織

Q. 自社の強みは何ですか(経営理念や社風)

総括の山本竜司は介護現場での経験も豊富で、仕事のやりがいや大変さを熟知しています。スタッフへの気遣いも忘れず、各施設を回って現場の意見を吸い上げ、働きやすい職場づくりに取り組んでいます。女性スタッフも多い職場ですので、出産や育児などライフサイクルに合わせて、休日・夜勤など勤務形態を調整して働ける「ライフスタイル社員」制度も導入しています。

Q. 求める人物像は

グループホームでは、家人さん(利用者さん)と近い存在となれるよう、スタッフは名札を付けずに私服で接しています。確かな知識や介護技術を身につけることも大切ですが、一番大事にしているのは、人としての優しさです。温かみを持って、家人さんやご家族を支える存在となってもらいたいと考えています。

Q. これからの事業目標は

いなべ市、東員町、桑名市の北勢エリアで、グループホームを中心に展開してきましたが、最近は有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅の運営も手がけるなど、利用される方に対して提供できるサービスの幅を広げています。今後もさらに新たな介護事業を展開していく予定です。

インターンシップ情報


対象:不問

期間:1週間程度

内容:利用者さんとのふれあいを中心とした職場体験

会社基本情報

本社所在地:〒511-0942 三重県桑名市芳ケ崎1497番地14
事業内容:高齢者福祉事業
設立:1981年
資本金:1,000万円
従業員数:101名 (男性14名、女性87名、うち正規社員53名)
売上高:5億6,000万円
平均年齢:36.8歳
平均勤続年数:5.2年
休日/休暇制度:年間休日数:120日
月間時間外労働時間(平均):8時間
有給休暇年間取得日数(平均):6.7日
アクセス:三岐鉄道北勢線星川駅より、徒歩25分
採用窓口 TEL:0594-33-2222
採用実績:皇學館大学、同朋大学、日本福祉大学 他
URL:http://www.care-home.jp/
受賞歴等:

スタッフ一人ひとりの誕生日も盛大に祝って、繋がりを深めています

グループホームに入居されている方の誕生日を当日にお祝いするだけでなく、スタッフ一人ひとりの誕生会イベントも実施しています。誕生日の主役は特製のドレスを着用し、入居者の方も一緒となって盛大に祝っています。スタッフと家人さん(利用者さん)との人と人との繋がりがいっそう深まる機会となります。

年に2回、スタッフを中心に「劇団」を結成し、芝居を上演しています

夏祭りやクリスマス会ではそれぞれの事業所ごとに「劇団」を結成し、脚本や演出、配役を決めてオリジナルの芝居を上演しています。ご家族の方や薬局、地域包括支援センターのスタッフなど、関係者も出演し、毎回盛り上がっています。このようなイベントでは、いつもみんなが笑顔になり、幸せな時間が流れています。

アンケート

あなたの属性を教えてください。
このサイトをどこで知りましたか。
このサイトを訪問した目的を教えてください。
All Rights Reserved, Copyright ©Mie Prefecture